第15回発毛日本一コンテスト 2015.4.15.wed12:30-16:00 東京国際フォーラム ホールC

前大会の入賞者紹介

前大会の入賞者紹介

photo info
info photo
photo

インタビュー

脱毛で悩んでいた頃は、襟足ともみあげ以外全部抜けてしまったので、「これから自分はどうなっていくんだろう…」と不安を抱きました。でもリーブ21さんに通って髪が再び生えてきたことで、「以前の自分に戻れる」という期待感が芽生え、塞ぎ込みがちでしたが笑えるようにもなり、少しずつ外出もできるようになりました。

今までは海とかプールに全然行けなかったので、ダイビングにチャレンジしてみたいです!スタッフの方には通っている間、励ましの言葉ばかりいただいて、気持ち的にも前向きになれました。感謝してもしきれないです。

photo info
info photo
photo

インタビュー

脱毛で悩んでいた時はとにかく人に会いたくありませんでした。友達はもちろん、家族に会うのも少しためらっていました。薄いのは自分でも分かっていたので、とにかく人の視線がとても気になっていましたね。

それが発毛してからは、堂々と人に会えるようになり、とても前向きになれました。女の人は髪が命と言いますが、男の人も同様で髪は命だと思います。脱毛している時は気付かなかったのですが、発毛した今だからこそ、そう感じますね。

photo info
info photo
photo

インタビュー

薄い時は分け目の部分が広がってきていて、水に濡れるとさらにその部分が目立ってしまう、そんな状態でした。その頃は、隠すのに苦労していたので出かけるたびに憂鬱になっていました。

発毛を実感したのは枕に抜け毛が残っていなかった時ですね。今までは枕に抜け毛がすごく残っていましたが、通い始めて2~3カ月で枕についていた抜け毛がほとんど無くなっていました。本当に通っていて良かったと感じた瞬間ですね。今では寝起きでもすごく勢いよく髪の毛が立っている状態なんです。もちろん寝グセではありません(笑)。これが一番驚いた変化ですね。髪は私にとって「一生の友」です。やっぱり髪はある方がいいですね。

photo info
info photo
photo

インタビュー

以前はつむじの髪の毛が全然無い状態でした。もう完全に気持ちが下を向いていましたね。電車に乗るのも嫌で、座ると頭を覗かれている気持ちになるので常に立っていました。

リーブ21に決めたきっかけは発毛日本一コンテストのCMで、ステージに笑顔で立っている出場者を見た時に、もし自分もリーブ21に通ったら笑顔を取り戻せるかなと思ったからです。実際にコンテストに出場して、入賞もできました。「こんなに髪が生えて、どんなもんだい」という心境ですね。今では、ずっと乗りたくなかった電車やバスに乗って、座ったままで遠出したり、旅行をしてみたいと思います。

photo info
info photo
photo

インタビュー

以前は頭頂部が少しずつ薄くなってきたので、常に帽子で隠すようにしていました。出歩くことも少なくなり、内向的になっていく自分に危機感を感じていました。リーブ21を始めたのは「このままだといけない、なんとかしなきゃいけない」と思ったからです。最初は不安だったのですが通い始めて少しずつ効果が出始めてくるとすごく安心できました。鏡を見て、スカスカだった頭皮が、髪でだんだん埋まってきたと感じた時にはとても嬉しかったですね。

髪を取り戻して、とても明るくなったと思います。今なら帽子をかぶらないで平気で外出できます。同年代の方が薄毛に悩んでいるのであれば自分一人で悩まないで、リーブ21の門を叩いてみることをおすすめします。最初は勇気がいると思うんですけど、一歩踏み出せば全てが変わります。